米国のBRAIN Initiativeは、最終的に人類月面着陸やヒトゲノム計画に匹敵するような巨大プロジェクトになるとされる。当然、このようなプロジェクトでは、パブリックに大きな説明責任が課せられる。2013年夏には、BRAIN Initiativeの内容を一般にも広く公開して、意見を求めたりするオープンセッションが米国各地の4つの都市で開催された。それぞれの都市では、異なる内容のオープンセッションが開催され、サンフランシスコでは「Molecular approaches」、ニューヨークでは「Large-scale recording technologies」、ボストンでは「Computation, Theory and Big Data」、ミネアポリスでは「Human Neuroscience」というタイトルであった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)