大政先生に引き続き、「ものづくり細胞エンジニア」の2回目を承りました。本稿では、細胞アッセイのような極小レベルからヒト組織・臓器レベルまでの規模での生体組織構築において、“幹・前駆細胞”“担体”“成長因子”という古典的な3要素を適切に融合することが細胞の“組織化や育成”にとって極めて重要であること、そこでは物質などの輸送や反応を扱う化学工学の方法論が有益であることを述べたいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)