JCRファーマ(旧日本ケミカルリサーチ)の毛利善一氏は2014年3月5日、京都市で開催された第13回日本再生医療学会総会で、細胞医薬JR-031について、「将来的には原料となる同種細胞を、国内で日本人から調達したい」との考えを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)