京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の高橋和利講師は2014年3月4日、京都市で開催された第13回日本再生医療学会総会の特別講演で、iPS細胞の臨床応用に向け、現時点で考え得る細胞の品質評価基準を明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)