米Nuvilex社は2014年3月6日、同社の戦略的パートナーであるシンガポールAustrianova社が、バンコク近くのThailand Science Park (TSP)に地域本社および、研究開発施設を設置すると発表した。これらの施設は、Nuvilex社の膵臓がん治療薬に使われる、がんプロドラッグ活性細胞のためのCell-in-a-Box 技術を使った、カプセル化のために使われる。将来的には同社のすい臓がんの後期臨床試験にも使われる予定である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)