理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター生命機能動的イメージング部門の尾上浩隆グループディレクターは2014年3月4日、京都市で開催中の第13回日本再生医療学会総会で、iPS細胞を使ったパーキンソン病の細胞移植治療について、画像検査の実施計画を公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)