米Omeros社は2014年3月4日、OMS721のフェーズII臨床試験開始のための治験許可申請(IND)を米食品医薬品局(FDA)に提出したと発表した。OMS721は、同社が開発中のマンナン結合レクチンセリンプロテアーゼII (MASP-2)を標的としたヒトモノクローナル抗体である。MASP-2は免疫システムのレクチンパスウェイの鍵を握る調整因子として知られている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)