米Catalent Pharma Solutions社は、2014年3月6日、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と契約し、Catalent社の技術を用いて抗コリンモノクローナル抗体を製造すると発表した。パーキンソン病の細胞治療に用いる細胞を選別するために利用するものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)