2014年3月4日から6日まで、京都市の国立京都国際会館で開催された第13回日本再生医療学会総会で、3月6日、3次元構造を持つ組織を生きた細胞で構築するための手法について議論がなされた。血管や軟骨、大型の臓器を体外で構築する手法は、再生医療が1段階上のレベルに達するためには不可欠な技術だ。そこで、3Dプリンターのような3次元成型技術が注目を集めている。



訂正:サイフューズの口石社長の名前が間違っていました。訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)