米Illinois大学Urbana-Champaign校は2014年3月3日、作物学と植物生物学のStephen Long教授をリーダーとする研究チームが、光合成をコンピューターによりモデル化し、収穫量を押し上げる方法を見つけ出したと発表した。作物の葉の中に二酸化炭素を濃縮させることにより光合成の効率を60%増加させ、収量を40%増加させることができるかもしれないと、最新号のPlant Physiology誌に掲載された「Can the cyanobacterial carbon-concentrating mechanism increase photosynthesis in crop species ? A theoretical analysis.」というタイトルの論文で報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)