Wmの憂鬱、やっと公開した樹立のコツから 見えたSTAP研究の現状【日経バイオテクONLINE Vol.2020】

(2014.03.06 19:00)1pt
宮田満

 今週月曜日の3月3日のメールでも予告した通り、“夢の万能細胞”STAP細胞を巡る騒動もやっと終息に向かい始まりました。昨日(2014年3月5日)、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターが、再現性が疑われていたSTAP細胞樹立に必要なコツをやっと公開、この混乱を収める第一歩を歩みだしたといえるでしょう。安全、簡単、効率が良いというイメージを打ち出した理研の記者会見は、現在のSTAP騒動の元凶ですが、やっと正常化に重い腰を上げました。今後は女子力ではなく、やっと科学的な成果としてSTAP細胞が始まります。やれやれというべきでしょう。このメールでは、理研が昨日公開したSTAP細胞樹立のコツから、STAP細胞研究の現状を推察してみたいと思います。結論はSTAP細胞というよりも、現状ではSTAPという現象の発見に止まり、今回のコツを参考にしても、再現性を実現するにはまだ時間がかかりそうでした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Webマスターの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧