遺伝子組み換え作物(GMO)の栽培面積の増加ペースが鈍化している。昨年の世界の栽培面積は1億7520万ヘクタール(ha)と前年比3%の増加にとどまり、過去、ほぼ2桁の伸びを維持してきたのに比べ、ここ数年で増加率は大きく低下した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)