米国カリフォルニア州で2014年3月4日から6日まで開催される「2014 International Garlic Symposium」の学術プログラムが3月5日に始まった。5回目となる今回のニンニク国際シンポジウムには20カ国以上から研究者らが集まり、口頭発表17演題とポスター発表15演題が予定されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)