2014年3月4日から6日まで、京都市の国立京都国際会館で開催されている第13回日本再生医療学会総会では、臨床応用や産業化を前提とした新技術が発表されている。3月5日午前中には、基礎研究を臨床応用するために必要な、常に一定の結果が出る信頼性の高いプロセスの開発について発表がなされた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)