創薬ベンチャーの開発パイプラインで臨床段階にある品目は93であることが判明した。J-TECの「ジャック」、そーせいの「ウルティブロ」など5品目が発売された。一方で、主要品目として期待されていた開発品の最終治験で失敗があった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)