厚生労働省は2014年2月28日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催した。新有効成分は順調にいけば2014年3月に正式に承認され、5月に薬価収載される見通しだ。



 (訂正)当初の記事で、「インフルエンザワクチンH5N1はいずれも、新型インフルエンザ(H5N1)のプロトタイプワクチン」との表記ありましたが、今回承認されたのはインフルエンザH5N1以外の亜型に対しては使えないワクチンでした。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)