愛知医科大学腫瘍免疫寄付講座の上田龍三教授は2014年3月1日、東京で開かれた第1回先進医療推進フォーラムで講演し、固形がんに対して進めている「ポテリジオ」(モガムリズマブ)の医師主導治験の現状などについて明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)