米Cool Planet Energy Systems社は2014年2月26日、米ルイジアナ州Alexandriaに自社にとって最初となるバイオガソリンとバイオ炭を生産する商業規模施設の建設(「Project Genesis」)を着工したと発表した。土木工事と整地を開始できる許可を当局から受けており、その後プラントの建設が行われる。この施設は持続可能な廃材を原料として、ハイオクタン価の再生可能ガソリンブレンドを年1000万ガロン生産できる能力があり、同時にバイオ炭も生産する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)