東京大学大学院薬学系研究科の富田泰輔准教授、同医学系研究科の岩坪威教授らは、CALMたんぱく質の発現を抑制すると、アルツハイマー病発症に寄与する、凝集性の高いアミロイドβ(Aβ)たんぱく質であるAβ42の産生が抑制されることを、マウスを用いた実験で確認した。2014年2月28日にNature Communication誌に発表した。筆頭著者は東大薬学系研究科の大学院生の金津邦彦氏。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)