東京医科歯科大学難治疾患研究所エピジェネティクス分野の石野史敏教授と李知英特任講師の研究グループは、東海大学健康科学部の金児-石野知子教授グループとの共同研究により、哺乳類の個体発生に重要な働きをするゲノムインプリント記憶が生殖細胞ではリプログラミング(消去・再成立)される消去過程に、能動的脱メチル化機構が機能することを、マウス個体を用いた実験で確認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)