塩野義製薬は2014年2月26日、世界の感染症治療と耐性菌問題に関する記者説明会を大阪と東京の2つの会場で同時開催した。同社の竹安正顕海外事業本部長は、世界の感染症を取り巻く現状を説明し、薬剤耐性菌のまん延を抑えることの重要性を説いた。さらに、同社が「感染症薬適正使用推進室」を創設し、抗菌薬の適正利用できる環境づくりを支援するなど、抗菌薬に関する取り組みを紹介した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)