ゲノム編集は、遺伝子改変の次世代型スタンダードとして定着しつつある。ツールの選択の幅も広がっており、ほんの4、5年前まではZFNしか選択の余地が無かったものが、TALEN、そしてCRISPR/Cas9と、より扱いやすく効率の高いヌクレアーゼの開発が相次ぎ、今や誰もが導入可能な技術となったと言っても過言ではない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)