米Verastem社は、2014年2月24日、同社のがん治療薬開発プログラムの妥当性を支持する研究結果がCancer Research誌2014年2月15日号に報告されたと発表した。同社の研究者も名を連ねる論文は、中皮腫の悪性度を高める遺伝的な背景をin vivoで明らかにしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)