国立精神・神経医療研究センターは2月24日、多発性硬化症に対して同センターが創製した糖脂質α-ガラクトシルセラミド類似体(OCH)の医師主導治験を、2014年3月から始めると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)