名古屋大学大学院理学研究科ERATO「東山ライブホロニクスプロジェクト」の水多陽子研究員と東山哲也研究総括/名大WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所教授らは、ホスホロチオエート化アンチセンスオリゴDNAを添加した培地で花粉を培養することにより、花粉管内の遺伝子の働きを抑制できることを見いだした。英Plant Journal誌(インパクトファクター6.582)のオンライン速報版で近日中に発表する。特許は出願していない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)