2012年6月の神経科学専門誌Neuronに、米Columbia University Kavli研究所のRichard Yuste博士、米Harvard UniversityのGeorge Church博士らから「The Brain Activity Map Project and the Challenge of Functional Connectomics」と題する提案が掲載された。先回も紹介した民間財団Kavli財団が熱心なBrain Activity Map(BAM)プロジェクトについての提案である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)