高速シーケンサーの開発では大きく出遅れた日本。しかし、理論上究極のシーケンサーを開発している企業は大阪にある。最先端研究開発支援プログラム(FIRST)川合プロジェクトの研究成果を活用した1分子シーケンサーを開発しているクオンタムバイオシステムズ(大阪市淀川区)の本蔵俊彦社長(写真)が、2014年2月18日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)