2014年2月13日、マザーズ市場への上場を果たした米Acucela社。上場に伴う公募やオーバーアロットメントによる売り出しなどにより、株式市場から約190億円を調達し、時価総額は800億円超となった。2月14日、本誌の単独インタビューに応じた同社社長の窪田良氏に、今後の研究開発戦略などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)