スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者たちは、成長因子と細胞外マトリックスの相互作用に関わるアミノ酸配列を同定、この配列を複数の成長因子に融合し、臨床適用した場合の有効性を高めることに成功した。詳細はScience誌2014年2月21日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)