米Eli Lilly社は、2014年2月19日、抗VEGF受容体2抗体製剤ラムシルマブ(ramucirumab)をドセタキセルと共に非小細胞肺がん(NSCLC)患者に第2選択薬として適用した国際的フェーズIII REVEL試験で、主要エンドポイントを達成したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)