2014年から連載を始めた「機能性食材研究」は、第1回のトマトに続いて、第2回はオオムギ(大麦)をお届けする。オオムギの種子(大麦)は、トウモロコシ、イネ(米)、小麦の3大穀物に次ぐ穀物。世界で年間1億3000万tから1億5000万tほどが生産されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)