米Kellogg社は2014年2月14日、環境に配慮しながら社会的に有益で経済性のある方法で生産されたパーム油だけしか購入しないことをコミットするとして、世界のパーム油サプライヤーに対して完全にトレース可能なパーム油を調達するため協力してゆくと発表した。Kellogg社はこれを実現するため、森林や泥炭地を保護し人権とコミュニティーの権利を守るというKellogg社のコミットメントを支持する農園だけからしか自社が使用するパーム油を調達しないことを、栽培者からサプライヤー、搾油業者に至るパーム油サプライ・チェーンを通じて徹底していく(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)