印刷する

閉じる

日経バイオテク2月17日号「Food Science」、Agent Orangeが使われる?、米国、遺伝子組換えの新品種に反対運動

(2014.02.20 05:14)1pt
2014年02月17日号
松永和紀=科学ライター

 米国で今、新しいタイプの遺伝子組換え除草剤耐性作物に反対運動が起きている。複数の除草剤に耐性を持つ品種で、2,4-D(2,4-ジクロロフェノキシ酢酸)にも耐性がある。2,4-Dは枯れ葉剤「Agent Orange」にも含まれていた成分。そのために、運動家はベトナムの悲劇と合衆国政府や企業の姿勢をダブらせて、遺伝子組換え技術反対につなげようとしている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み