米国で今、新しいタイプの遺伝子組換え除草剤耐性作物に反対運動が起きている。複数の除草剤に耐性を持つ品種で、2,4-D(2,4-ジクロロフェノキシ酢酸)にも耐性がある。2,4-Dは枯れ葉剤「Agent Orange」にも含まれていた成分。そのために、運動家はベトナムの悲劇と合衆国政府や企業の姿勢をダブらせて、遺伝子組換え技術反対につなげようとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)