大阪大学大学院医学系研究科内科学講座血液・腫瘍内科学教室の西村純一助教らは、抗体医薬「ソリリス」(エクリズマブ)が、標的分子の補体第5成分(C5)の遺伝子多型により不応性を示すメカニズムを解明した。The New England Journal of Medicine(NEJM)誌で2014年2月13日に成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)