英GlaxoSmithKline社(GSK社)は2014年2月14日、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)患者を対象としたmepolizumabのフェーズIII臨床試験の開始を発表した。mepolizumabは、抗IL5ヒト化モノクローナル抗体製剤である。同臨床試験はmepolizumab の安全性と薬効を評価するために行われた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)