革新的な医療技術の実用化を進めるための知財戦略の重要性が叫ばれている。そのためのシステム整備も進み、知財に関する司令塔の必要性を指摘する声もある。中谷氏は、従来の仕組みに上乗せするだけでは機能しないだろうと発想の転換を促す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)