刺激惹起性多能性獲得(STAP:stimulus-triggered acquisition of pluripotency)細胞の論文について、捏造(ねつぞう)疑惑が持ち上がっている問題で、英Nature誌は2014年2月17日、「我々は問題を注視しており、現在調査を進めているところだ」と明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)