科学技術振興機構(JST)は2014年2月18日、復興促進プログラム(マッチング促進)の2013年度第3回新規課題の決定を発表した。47件の応募の中から、16件が採択された。支援期間は2014年4月から2015年3月までで、JSTの支援金額が1000万円から2000万円のタイプIIと、同200万円から1000万円のタイプIとがある。企業はJST支援金額の5分の1を1年度目に負担する(2年度目は4分の1)。このプログラムの正式事業名は、研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型)だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)