オンコリスバイオファーマは、2014年2月17日、2013年12月期の決算説明会を開催した。オンコリスバイオファーマの2013年1月から12月までの売上高は100万円、営業損失は6億6500万円、当期純損失は6億3500万円、研究開発費は2億3000万円だった。2013年1月から、国内のクリニックを対象に、研究目的での「テロメスキャン」を用いた血中浮遊がん細胞(CTC)受託検査を開始しており、営業外収益として600万円超の収入がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)