Wmの憂鬱、STAPとiPS細胞に生じた不幸な3つの誤解【日経バイオテクONLINE Vol.2010】

(2014.02.17 18:30)1pt
宮田満

 くどいようですが、iPS細胞もSTAP細胞も世紀の発見であることは間違いありませんが、理化学研究所の記者発表に問題があり、世間では小保方チームリーダーの割烹着姿だけが記憶に止まり、彼女の画期的な研究に関しては一部誤った情報が残存しています。科学研究が信頼性を得るためには、公正性と透明性が不可欠であります。簡単に言うと、正々堂々と根拠のある発表をすべきであるということです。科学論文に置いてはあれだけの厳密性を守りながら、記者発表では根拠の無い拡大解釈やショーアップが許されるのか?いくら市民に分かり易く伝えようとしても、事実と推測の区別ぐらいはきちっと明瞭に分けて発表すべきではないのか?勿論、抵抗力も理解力もなく、理研の発表を鵜呑みにして情報を垂れ流したメディアの責任も重大であることは承知の上です。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧