国際アグリバイオ事業団(ISAAA)は2014年2月13日、「Brief 46: Global Status of Commercialized Biotech/GM Crops: 2013」と題する年次報告書を発表、2013年は世界27カ国で1800万人を超える農家がバイオテク作物(遺伝子組み換え作物)を栽培したという。栽培面積は2012年に比べて500万ヘクタール(ha)、率にして3%の増加にとどまった。2013年はまた、米国において乾燥耐性トウモロコシの商業栽培が初めて行われた年となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)