米エネルギー省(DOE)のBioenergy Technologies Office(BETO)は2014年2月3日、バイオマスから再生可能カーボンファイバーを生産する技術の開発を支援するため最大1200万ドルを拠出するという助成金公募の告示(FOA:funding opportunity announcement)を公表した。この助成金はDOEのClean Energy Manufacturing Initiativeによるもので、米国メーカーの世界市場における競争力を維持することを目的とした分野横断的な支援の一環である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)