米疾病対策センタ-(CDC)と、米国の8つの臨床検査ラボ、米国立一般医学研究所(National Institute of General Medical Science;NIGMS) のCoriell Cell Repositoryのメンバーが協力して、レット症候群(RS)の遺伝子検査の質を保証するためのゲノムDNA参照物質となる細胞株を作製した。それらは、Coriell Cell RepositoriesのMIGMSレポジトリから一般に提供されるという。詳細は、Molecular Diagnostics誌電子版に、2014年2月7日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)