米化学会(ACS:American Chemical Society)のNews Serviceは2014年2月5日、フランスのParis第11大学(Universite Paris-Sud)とフランス国立科学研究センター(CNRS)を中心とする研究チームがバクテリアStreptomyces内にトリアシルグリセロール(triacylglycerols)が蓄積するのをモニターする手法を開発、作物に由来しない新たなバイオ燃料をバクテリアにより生産する手法を開発できる可能性が出てきたと報じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)