米Aemetis社は2014年2月4日、インドKakinadaにある年5000万ガロンのバイオディーゼル燃料と精製グリセリンを生産するプラントをアップグレードして、高品質の蒸留バイオディーゼルを生産できるようになったと発表した。このAemetisプラントは2008年に建設され、バイオディーゼルと精製グリセリンを生産するもので、原料として食用油産業から出てくる低コストの非食用副産物を利用している。生産されたバイオディーゼルとグリセリンはバイオ燃料、医薬品など工業用途として供給されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)