米California大学Davis(UC Davis)校は2014年2月3日、化学科のMark Mascal教授率いる研究チームが農業廃棄物や林業廃棄物などのセルロース系素材からガソリンに似た燃料を生産する新しいプロセスを開発したと公表した。このプロセスは既存のディーゼル代替燃料を超える植物由来燃料の新たな市場を開く可能性があると期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)