スウェーデンKarolinska Institutetの研究者らは国際チームとのコラボレーションで、抗体3F7を開発した。同抗体3F7は、活性を持つ血液凝固第XII因子を阻害する。血液凝固第XII因子の阻害は、臨床上の出血のリスクを増加させることなく血栓症を防ぐことができる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)