シンガポールとフィリピン、インドを中心としたアジアの科学情報を配信するシンガポールのメディア、Asian Scientistは2014年1月16日、シンガポールと中国の国際共同研究チームによって発表された酵素Adenosine Deaminase Acting on RNA1(ADAR1)を取り上げた。この2本鎖RNA中のアデノシンをイノシンへ変換する塩基編集酵素が、食道がんの有望なバイオマーカーになり得るというもので、詳細は昨年12月3日にCancer Research誌オンライン版で報告されていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)