国土交通省国土技術政策総合研究所(国総研)下水道研究部下水処理研究室のグループは、下水道処理におけるバイオガス利用2技術、および下水汚泥の固形燃料化に関する“革新的技術”を全国の下水処理場に導入した場合の効果を試算し、それぞれ導入効果があることを、2014年1月23から24日に開催された第30回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンスで報告をした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)